いざ、出陣
にゃんにゃん もふもふ ぷはーっ


カウンター




プロフィール


猫柳*藍

Author:猫柳*藍
「地味を目指す!」
『ギャップ激しいから無理だろ』
「(´・ω・`)」



最新記事




最新コメント




月別アーカイブ




カテゴリ


粒々 (64)
産業 (7)
電話 (261)
日常 (48)
描醒 (3)
詩歌 (0)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QRコード


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.04.18  流行に便乗してみた。 <<11:36


いや、まえまえから興味はあったんだけど。
初恋の人から手紙がきたようです^p^




ぬこちゃん、元気?
もう買ったファンデーションをすぐ割るクセは治りましたか?ぬこちゃんによくファンデーションを買わされたことをなつかしく思います。

泣きじゃくるぬこちゃんが「好きだけど寂しいから別れる」と言って自分から連絡を断ったあの日から、もう2年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ぬこちゃんに名前が似てる犬がいて、ふとなつかしくなったから、たまには思いついたままに何か書いてみようと思っただけ。ふふ。

今から思うと、なんだかあのときの付き合いは、おれの一人よがりだったなぁという気がします。ぬこちゃんはいろいろと我慢して溜め込むタイプだったから、なかなか気持ちに気付いてあげられず、よく泣かせたり怒らせたりしていた印象があります。いつのまにか不機嫌そうな顔になっていて混乱したことが何度あったことか・・・。今では素直に気持ちを言えるようになっていますか?

そういえばぬこちゃんにとってはおれが初恋の相手なのかな?付き合ったばかりのぬこちゃんはやたらと緊張していて、「恥ずかしい」という言葉を連発していたように思います。今ごろ、きっと恥じらいなんてものは忘れ去っているんでしょうね。

まだラブラブだったころ、ぬこちゃんは「私たちが別れるなんて考えられないね」って何度も確認するように言っていましたね。そのたびに「う、うん…」と答えていたけど、微妙にプレッシャーを感じていたのを今でも覚えています。

総括するなら、ぬこちゃんと付き合えたことは、とても感謝しています。多少重苦しいところもあったけど、期待されているし愛されているなぁと感じられました。どうもありがとう。

いろいろ書いたけど、おれはぬこちゃんが大好きでした。これからもぬこちゃんらしさを失わず、あと、得意のクレヨンしんちゃんのモノマネにも磨きをかけて(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. おれと付き合った過去をみんなに隠しているって本当ですか?






本当の初恋の人として考えると、ないわあと思うけど。
これ、普通に当たってるよなJK。
こう思われてたのかな、とか世間一般的に私をみるとこう思われるのかなって考えると涙でてきた。
るいせん るいせん
スポンサーサイト


No.83 / 日常 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← うへへへえへへへ / Home / ほうちんろう →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。